リリーヤードマーケット

Lillie yd. Market リリーヤードマーケット
JAS-MB ジャスエムビー、CHIEMSEE キムジーなど、バッグ、雑貨の販売、通販。

Category&Brand


Recommend


JAS-MB ジャスエムビークリアランスセール開催中!

Contents


店長紹介

こんにちは!店長です。
海に山にアウトドアが大好きです。
商品の事などご質問等ございましたら
お気軽にお問合せ下さい!

Special Thanks


加藤花飾堂 加藤智之

加藤花飾堂 加藤 智之

ヨーロピアン・ダッチスタイルフラワーアレンジメントを学び、
その後フラワーショップにて働いてきました。

以前から花以外のものにも興味を持ち始め、何か今までの世界とのつながりを
持ちながらできる事がないかと模索し、2009年に入って独立を決めました。

フラワーアレンジもひとつのクリエイティブな仕事だと思っています。

この仕事を中心にたくさんの分野の方との関わりを持ち、
新しい形のお花屋さんを完成させてゆければと思っています。


経歴

グランパシフィックカップ フラワーモードアウォーズ2009 出展
審査員特別賞受賞

第3回世田谷カップ2009 出展

国際バラ展 西部ドーム 出展  他

 SHOP INFORMATION
SHOP:〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-6-5
TEL&FAX:045-500-9783
営業時間:11:30~18:30 定休日:木曜日

大きな地図で見る

 INTERVIEW

H:いよいよ自分で動くことになったようで。。。
まずはおめでとう!!ございます。
今回の自営業への転進は願っていたことなんですよね。

K:ありがとうございます。おめでとうというほどのことではないですけどね(笑)
願っていたというか、やりたかったことではありますね。
専門学校からフラワーデザインを勉強してきて楽しさは知っているんですけど、
もっと花を絡めた「何か」をやりたかいな~というのは、2~3年前から考えていました。
花というと花屋さんかアレンジの世界がよく知られているところなんですが、まだ広げようと思えば広がりそうな気はするので。。。

H:確かに思いつくところは花屋さんですよね。後は結婚式場やホテルのアレンジとか。

K:ウェディング関連の仕事は確かに花につながる部分は多いのかもしれないです。ブーケやディスプレーとか式場自体のデコレーションとか。
そのほかの場面だとやはり式典ですよね。僕が行ったことがあるのは、モーターショーとかですね。車を飾り付けました。その時は。

H:実際に花屋さんで働いていた中で、お客さんにニーズとしたらどういった場面でのお花の利用が考えられるのでしょうね。

K:贈り物が一番ですよ。誕生日、結婚祝い、出産祝い、開店祝いとか。後イベントごとでクリスマスや父の日、母の日、バレンタインデーとかですよね。
女性の方々は、ご自宅に飾ったり、お友達のおうちに遊びに行く際のごあいさつに購入する方もいますよ。
あと、彼女に告白をするので花束をという男性もいますよね。

H:告白に花束を!ドラマチックですよね。
そうですよね。ボクもお花を贈ることはそうそうないですけど、贈ってみるととてもいいことをした気分になるんですよね。
女性にお花を贈るのというのはとても恥ずかしいものですけど。

K:若い方で恥ずかしそうに入ってきてバラの花束をお買い上げになる方を見ると、若いのにかっこいいな。バラをあげるなんて。と思いますね。

H:最近では、お花は贈り物として当たり障りがないもののような気がして。それでいて迷惑にもならないですよね。一時的なものでもあるので。

K:花はやはりはかないものなのですからね。特に花束などになるとアレンジでおいておくタイプよりも早いですから。
でも儚いものだからこそきれいだと思えるのかもしれません。
ボクが生花にこだわっている部分はそういった点もあるんです。

H:生花へのこだわりというと。
一般的に生花を買ってお家に置いて手入れをする人って限られるんですよね。
お花が好きな人とか、専業主婦でおうちにいる時間が長い人とか。
大体の若い方が好むのが観葉植物やドライフラワー、プリザーブドフラワーなどが普通で。
でも、生花は日持ちをしない生物なので咲いている期間をより深く楽しめて明るい気分になれます。かれてしまう儚さはもちろんですが、また次にどんな花を買おうかな。というように創造力や継続性がでてきたりするところが楽しみでしょうね。
あとは生花でしか味わえない季節感でしょうね。
ぼくは生産者さんとのつながりがあるのでその方たちのところに出向いて話をしながら仕入れます。その方々の話を聞いてその季節の旬な花を持ってきてご紹介しようと思っています。産直でフレッシュなものを皆さんにお届けしたい!的なものですかね(笑)

H:先ほどプリザーブドフラワーといいましたが、初めて聞きましたけど、どういたものですか?

K:プリザーブドフラワーは生花を薬品につけてそのままの状態を長持ちさせる花です。
ギフトとか贈物や、ウェディングブーケ、アレンジメントなどに使われる花ですね。
色を自由に変える事もできますし。
ボクも長い期間展示するような場所などでは使いますね。
環境にもよりますけど1年~3年は持ちますよ。

H:3年も持つなんて、もう造花の粋ですね。
お話を聞いているとやはり「生にかなうものはない。」という感覚ってどこにでもありますよね。音楽いうライブ感とか、フルーツや野菜のフレッシュさとか。
ファッションでも「流行」というものがひとつの新鮮さ、生ものなのかもしれないですけどね。ボクはそういった「生もの(フレッシュ)」な環境はすごく好きなんですよね。

やはり常に新鮮なものを取り入れたような考えや物事をしてゆかないと、新しい楽しさって生まれないですよね。

K:そうですね。ボクもそう思います。
8月にスタートするショップでもやっぱり鮮度は大事にしたいんですよね。
もちろん花屋なのでお花そのものの鮮度はもちろんですが、ショップという箱も新鮮にいきたいです。
ナンセンスって言われるかもしれないですけど、いいです僕は!(笑)

H:言っていましたよね。ショップをオープンするって。もう決定ですか。場所とか。オープン日とか。

K:場所はたまプラーザですね。駅からはちょっと歩きますが。住宅街の入り口あたりです。僕的にはとてもよい場所に出せることが出来たと思いますね。
いま必死でお店作っています。なんだか毎日棚を作っている気がします。でも、こういった作業も楽しく出来ていますよ。
オープンの日はまだ決まっていません。今月中にはどうにか・・・。

H:楽しくて明るいショップになるとよいですよね。人が集まるお店になるように企画したら面白いんじゃないですか。

K:はい。お花以外にもいろいろなものを提供できたらいいなと思っているんですよ。
ぜひリリーヤードマーケットさんも一緒にどうですか。

H:ぜひぜひ。何か一緒に楽しいことが出来るのであれば協力させてください。
また新しい発見があるでしょうね。一緒に出来たら。

K:ですよね。僕も楽しく仕事をやってゆきたいので。まずはいろいろなことにチャレンジしようかな。なんて。

H:がんばってくださいね。今日はお忙しい中お時間を頂きありがとうございました。オープンしたら遊びに行きますね!

K:こちらこそありがとうございました。ぜひ遊びに来てください。

 


 WORK
カートに入れる カートを見る 買い物を続ける