リリーヤードマーケット

Lillie yd. Market リリーヤードマーケット
JAS-MB ジャスエムビー、CHIEMSEE キムジーなど、バッグ、雑貨の販売、通販。

Tポイントが貯まります!

Category&Brand


Recommend



Contents


店長紹介

こんにちは!店長です。
海に山にアウトドアが大好きです。
商品の事などご質問等ございましたら
お気軽にお問合せ下さい!

Special Thanks


HOME»  リリーヤードマーケットのお隣さんをご紹介。Neighbors(ネイバーズ)»  宮前平の花飾人 加藤花飾堂 加藤智之
加藤花飾堂

サッカー大好きっ子。年齢からするとすごく体力のある花屋さん!
宮前平駅から小高い丘を登ると見えてくる「加藤花飾堂」のオーナー・加藤智之君。
今でもわたくし一緒のチームでサッカーをしています。

彼が独立してから3年。ずっと彼の動きを見てきました。

「普通の花屋さんはあまりやりたくないのが本音で。何かほかのチャンネルと協力し合いながらひとつの作品のスパイスとして花を使ってもらいたいんですよね。

ギフトとしてお花をプレゼントするってちょっとハードルが高い気がしています。僕も男性として女性に花をプレゼントする機会はあまりなくて。なんだかかっこつけていると思われがちなイメージ・・・ありませんか。そのイメージを変えていければいいな。と思ったのが、自分で花屋さんを始めようと思ったきっかけです。

自分でお店を構えてからは、友人や知人などがアレンジや花束を買いに来てくれるようになりました。特に男性のお客さんのご来店も日に日に増えて来て、嬉しことでした。」

わたくしも一男性として、彼と知り合わなかったら今のように頻繁に花を贈ろうと思わなかったはず。今では何かとプライベートで花を贈る機会が増えています。



わがままなリクエストでもいつも答えてくれる加藤君。

「ちょっとお金かけられないんだけど、豪華な花束できるかな。」

「このおもちゃをプレゼントしたいんだけど、アレンジで盛り上げてくれる。」

「レインボーカラーのアレンジをお店におきたいんだけど作れる。」

わたくしわがままに、そして直球で彼にほしいものをぶつけていますが、全てしっかり受け止めてくれますね。

「『こうしたいんですけど。』みたいなアイデアがあると僕的にはすごくやりやすいですよ。実際にうちのような花屋さんにはそういったお客さんが多いのかもしれませんね。だって普通に『花束ほしいな。』だったらどこの花屋さんに行ってもいいでしょう。そういったお客さんの意見をアレンジして、グレードアップして作品としてお渡しする仕事ですから。あるいみ難題はチャレンジ。成長につながると思ってます。まぁ~ポジティブに考えていますよ。」


さすがMrポジティブ君。そんな彼だからこそ面白い発想が出てくるのでしょうね。
POPでかわいらしいデザインから、エレガントで上品なデザインまでこなす加藤君。

新鮮さにこだわるからなのでしょうか。最近ではこんなアレンジも人気なのだそうです。

「野菜を使ったアレンジを作っています。徐々にですが広がってきて、面白がって御注文をいただきます。

きっかけは高校時代の友人・木所君に再会したことです。彼は溝ノ口の農家の息子さんで現在お父さんの後を継いで農家を営んでいます。最初は花屋さんだから野菜も何か共通点があると思って、新鮮な野菜をお店に届けてもらって店頭で販売していました。

そんなさなか、あるお客さんに『これから知り合いのおうちにお邪魔してランチをするので包装できますか。』とリクエストをいただいた際に、興味本位で花束にして差し上げました。すると、お客さんはびっくりされて喜んでくれました。

それからは、こちらから『アレンジしましょうか。』と問いかけをするようになり、皆さん同じようにびっくりされて。

初めてアレンジしたとき全ての野菜が新鮮で彩り豊かなこともあり、自分でもその色彩にびっくりしましたね。
とにかくびっくりがびっくりを呼び、その結果、新聞やテレビ、ラジオなど幅広いメディアで扱っていただけたことが、さらにビックリでした!!」

いつも新しい創造をし、作業としてやってみる彼。
この行動力には本当に頭が下がります。会うたびにこんなことやってみようと思うんですけどと、お話されているじゃないですか。正直すごいな~と思いますよ。
アイデアがある方ってたくさんいると思います。しかし、そのアイデアを形に出す人って少ない気がします。それだけに。尊敬しますよね。あれっ!ちょっとほめすぎかな。


そんな加藤さんが今、これから取り組んでいこうとしていることがあるそうです。

Woman Kawasaki ウーマンかわさきプロジェクト
「いまここ宮前平で加藤花飾堂としてお店を持たせていただくなかで、どうにかして地元に愛される花屋さんになりたいという一つの目標があります。

その目標の為にも現在川崎市と手を組んで一つのプロジェクトを始めます。
それが『ウーマンかわさきプロジェクト』です。

内容は、川崎市内で、いろいろな立場で活動している女性の魅力や美しさをとらえて、カメラで一枚のポートレートにおさめます。その際に、女性の美しさを引き立たせるためのアイコンとして花を使ったアレンジメントをさせていただくことになりました。

撮影はすでに始まっていて、月に2~3人ほどの女性をピックアップし行っております。
ショップやオフィスはもちろん、介護施設や病院、畑や公園など活動の場所は様々です。
できるだけたくさんのシチュエーションの方々を選ぶように心がけていますね。

将来的には市内のカフェやギャラリーでの写真展を計画しています。
いつも一人で仕事しているので、こういったチームでメンバーとともに仕事をできることは、も~楽しくて仕方がないですね。」

アクティブだな~~。
いつも二人で話をすると出てくる話題は「前を向いて歩くしかないよね。」ですよね。
とにかく彼との話はいつもポジティブ。

「とにかく小さなことでもコツコツとやっていくと成功や失敗ということとは別に、得るものがあると思います。だから何でもやる!スタンスを持ち続けようかなって。
ここ最近はまた別のこと始めちゃって・・。


手芸始めてます。
『XOXO Hug&Kiss』というブランドを立ち上げ、地元のママさんたちと共にものづくりを楽しんでします。

それといろいろ話ついでに。カリスマドットコムという女性二人組ユニットのアルバムのジャケット撮影にもお花と一緒に参加させていただきました。



そして、今年の冬には宮前区民館のエントランスに大きなツリーをアレンジすることも決定して。
なんだかつまみ食いしているみたいですけど、それぞれの仕事を楽しみながら真剣に取り組んでいます。

これからも、こういった形で進んでいくと思います。なにか人の役に立てる立場で仕事を続けていくこと、そしてここ川崎市宮前区でできることをもっともっとやっていく。そんな広がりがワクワクします。」

Mrポジティブ君は今日も前向きに突き進んでいるのでしょうね。
よかったら、一度お店に足をお運びください。

「バナナ食べたくなったら言ってください。収穫出来たら差し上げますよ。」

これからバナナを育てるようです。



 
加藤花飾堂
加藤花飾堂のホームページ
電話:044-865-9073
住所:〒216-0006 神奈川県川崎市宮前区宮前平3-10-13-101
 
カートに入れる カートを見る 買い物を続ける